『殿、利息でござる』のレビュー

Pocket

こんにちは、りょうです。

Amazon primeを最近契約したんですが、

結構いいですね。

 

ビジネス系に役立つ映画がおおい(笑)

私は基本的に、小説、映画も教材であるという考え

で視聴しています。

 

要は、次に、お金に変えていくという

仕掛ける側のMINDなんですよね。

 

消費者MINDでは、たのしいな~で終わって

私的には、もったいないと思ってしますんです。

 

と、MINDの話になってしまいましたので

戻しましょう。(笑)

 

殿、利息である。すげぇ・・・!

 

一発目に観た映画が、

『殿、利息でござる』

です。

 

あらすじは、重税(労働)に苦しむ村が

お金を殿に貸して、生活をよくしようという

内容です。

 

分かりずらいですね。YOUTUBE張っておきます。

 

これ見て、私はすげぇと思いました。

なんというか、投資家MINDだなぁって印象でした。

 

利息で儲ける、利息によって生活を改善する。

これって現代でも通用しますよね?

 

株式、投資、そして複利や利息で儲ける。

お金持ちMINDです。

 

なんか、見ていて

『ブラック企業に勤める社会人が、投資で楽になる』

ってストーリーに変換して、記事書けそう!

って思いました。

 

現代の低賃金、貧乏な社会にうってつけじゃないですか?

 

心に残った一言

 

この映画中に一言、心に刺さった言葉があります。

まさに、消費者に活を入れる一言だといえますし、

確かにそうだな、現代でもその通り!と思いました

 

『貧乏か金持ちか。子息を払う側は後者だ!』

 

まさに、そのの通り。

貧乏人は、利息やローンの支払いに追われて。

金持ちは、利息で儲けていきます。

 

貧乏人は、車や家を買うにあたってローンを組み、負債を負う。

金持ちは、金融商品や資産で、利益や利息で儲け、資産を増やす。

まさに、現代の資本主義も同じことですよね?

 

いまだに、消費者MINDな部分が私にはあって、

そんな中、これを聞いたので、ハッとしました。

 

『まだまだ、私には金持ちMINDが染みてない・・・』

 

って。

 

個人ビジネスの教科書を無料で

現在、20歳でマーケティング事業をしています。

今は個人事業主をしています。
来年には合同会社を設立予定。

才能なし、知識なし、経済力なしの三拍子。
だめFラン大学生の僕が ,

そういった状況からビジネスに出会い、
会社以外の時間で真剣に挑戦したところ
今まで出来なかった事ができるようになったりと
行動の選択肢が広がりました。

ビジネスを勉強する過程で、
仕組み(自動化)を作る重要性や
思考を上達させる具体的な方法、
効率良く生産性を高める方法、
価値のある資産を生み出す方法、
SNSメディアを組み合わせ自動化する方法etc…

洗脳教育をする日本では絶対に教えてくれない事を
大人になってようやく知る事ができました。

これまで20年間の経験を踏まえて、
生まれ持った才能や環境は決める事ができなくても
しっかりと勉強して正しく取り組めば、
誰であろうと資産を構築でき自由に飛躍すると確信しました。

そういった人が、
この日本に1人でも増えれば
もっと希少価値の高い人間で溢れ、
便利なサービスもどんどん増えて行き、
世の中が便利で面白くなるのでは?

と素直に思いました。

こういった理念から、
僕のこれまでの経験を元に
どのようにして0の状態から今の状態になったのか?

そのサクセスストーリー、
そしてビジネス経験の無い方に
ビジネスの知識を学んでいただきたいと思い、
ビジネスの教科書セミナーを作りました。

「ビジネスを勉強する最初の教科書」になれば嬉しいです。
サクッと見れます。

個人ビジネスの教科書は
下記登録フォームにメールアドレスを入力するだけで受け取れます。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

個人ビジネスの教科書を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA